乾杯挨拶はこちらです - 乾杯挨拶ならおまかせ 結婚式の二次会も感謝を込めて

結婚式の披露宴での乾杯のスピーチ

結婚式の披露宴では大抵披露宴の冒頭部分で乾杯があります。
この結婚式の乾杯では、列席者の中の誰かが代表して乾杯の音頭をとります。

結婚式の披露宴で乾杯の音頭をとるのは、一般的には新郎新婦の勤務先の上司や学生時代の恩師、親戚といった目上の方に依頼する事が多く、主賓格かそれと同等のレベルの列席者の人が行うのが基本的なパターンです。

乾杯の音頭をとる際には、一言二言程度のスピーチを始めに付け加えるのが通常です。
この結婚式の披露宴の乾杯の音頭をとるのを依頼する場合、気をつけるのは依頼する人に対し乾杯の音頭である事をきちんと伝えておかなければいけません。

これを伝えておかず、依頼された側が通常のスピーチだと思ってしまうと、3分から5分の間列席者は全員立ってグラスを持ったままそのスピーチを聞かなければいけなくなってしまいます。

列席者は全員が若く健康な人ばかりではありません。
それに中には乾杯の音頭にしては長いスピーチに閉口しグラスを置いてしまう人も出てしまいます。
こういった事にならないようにスピーチの依頼はその目的をきちんと相手に伝えるようにしましょう。

もしも乾杯の音頭をとる人に同時にその場でスピーチもしてもらいたいという場合には、あらかじめその事を司会者に伝え、スピーチしている間は列席者には座って聞いてもらい、音頭をとる時に全員に立ってもらい乾杯するといった流れにするとスムーズにいくと思います。

結婚式の披露宴での乾杯の音頭に付け加えるスピーチは、立ってグラスを持ったまま聞く列席者の事も考え30秒から1分程度でまとめるようにしましょう。

乾杯の儀式

現在、日本国内で行われることが多い乾杯の主な手順は次のとおりです。

なお、地域や集まりの趣旨・構成によって変わることがあるので、前もって打ち合わせをしておくのがいいでしょう。

1.司会の合図や場の雰囲気で開始する。
2.着席している場合には、起立する。
3.卓上のグラスを手に取る(原則としてすべての人が手に取るまで次へ進まない)。
4.代表者が音頭をとる(長い挨拶をしてはいけない)。
5.代表者の「乾杯」の掛け声(“発声”という)のあと、参列者も「乾杯」と唱和する。
6.目の高さぐらいを基準に、グラスを掲げる。
7.同時に、周囲の人とグラスを軽く当て、音を鳴らす(その地方のマナーにもよる)。
8.グラスに口をつけ、中の物を飲む(酒が飲めない場合は、形だけでも行うことが望ましい)。
  可能であれば、飲み干す。
9.グラスを置き、拍手する。

これで乾杯の儀式は終わり、着席したり、食事を始めたり、歓談に移るなど、マナーに則り自由に交流します。

食事を開始するきっかけとして

乾杯(かんぱい)とは、代表者の音頭と共に、おもに酒を注いだ杯(グラス)を掲げ、「乾杯」を唱和して周りの人とグラスを当ててから飲む行為。
おもに会食や酒宴の初期に、食事や飲み物に手をつけていない段階で行われる。
食事を開始するきっかけとして行われることが多い。
おもに慶事の場合に行わる。

献杯(けんぱい)とは、弔事の場合に行われる乾杯。

乾杯や献杯は、マナー・しきたりの一種であって、地域によって格段の差があるわけではない。
厳格な手順に沿わないからといって指摘や抗議をされることは少ないが、頻繁に行われる行為なので、その地域のマナーや風習を理解することが必要とされる行為である。

また、神前結婚式での新郎新婦の二人による三々九度など、多数の人間によって行われるものでなくとも、祈りや祝いといった同様の行為を伴う場合、乾杯に分類されるることもある。(なお、厳密に分類する場合は、会食・酒宴によらない場合は別のものとされる。)

乾杯が行われるようになった由来は諸説ある。

中世ヨーロッパにて、酒の席での毒殺が横行していた為、盃をお互いに飲み干すことで毒物が入っていないことを示した。
強い衝撃でお互いの酒をお互いのグラスに飛ばしあい毒が入っていない事を証明しあう。
古代に神や死者のために神酒を飲んだ宗教的儀式が起源らしく、転じてやがて人々の健康や成功を祝福する儀礼に変化した。
古代ギリシャにて、酒の中に宿っている悪魔を追い払うために、悪魔はガラスがぶつかる音が苦手とされていたのでグラスを会わせて音を立てた。
また、現在の様式は日本国内で行われていたものではなく、海外から持ち込まれたものである。

「乾杯」(2007年5月6日 12:09 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

哀愁を感じる歌詞

乾杯挨拶といえば、現在でも結婚式の定番曲として広く歌われている「乾杯」があります。

長渕剛の代表曲中の代表曲ともいえる歌のひとつです。

オリジナルアルバムも長渕剛さんの自作自演曲で、長渕さんが、友人の結婚に際して作ったというのが「乾杯」です。

長く歌い継がれている「乾杯」ですが、彼自身、このアルバムをもってして「長渕流フォーク」の完成だと位置づけています。

友との硬いきずなに思いを寄せては、語りつくせない青春の思い出の数々

時には傷つき、時には喜び合い、肩をたたきあったあの頃が思い出される

昔のふるさとの友だちは、今でもあなたの心の中にいるだろうか

今、人生の大きな大きな舞台に立っている友に乾杯!
 
再び人生の長い道のりを歩き始めた君よ、幸せになってほしい!

乾杯!

これからも、君の信じた人と信じた道を歩き続けてほしい!

君の幸せに乾杯!

誌を読むと、なぜか懐かしさを感じ、曲のイントロを聴いただけで、なぜか哀愁を感じてしまうのは、私だけではないと思います。

「乾杯」は、これからも永く歌い継がれていくことでしょう。

「乾杯」に、乾杯!


乾杯の発声

乾杯挨拶のしかたですが、祝賀会の内容によって、ちがってきます。

ですが、乾杯の発声には、おおかた次の2通りがあります。

1.乾杯の発声だけのもの

2.祝辞を兼ねるもの

乾杯の発声だけの場合は、「かんぱい!」とか「おめでとうございます!」のように、本当に短い言葉で終わります。

一方、祝辞を兼ねるとなると、いろいろな形式があります。

宴の内容、参加者、場に応じて、いろいろな方法があります。

祝辞を兼ねる場合に、一般的な形としては、祝辞部分ではお客様に座って聞いていていただき、「それでは、乾杯に移らせていただきます」と申し述べてから、司会者からお客様へご起立を促します。

そして、乾杯へと移ります。

乾杯の発声の例としては、以下のような文になります。

「ただいま司会の方からご紹介にあずかりました、□□(主賓との間柄)の○○と申します。
諸先輩方を差し置いて、大変僭越ではございますが、乾杯の音頭をとらせていただきます。
○○家、△△家の今後ますますのご繁栄と、ご参集の皆様のご健勝をご祈念申し上げまして、乾杯をさせていただきます。
「乾杯!」

乾杯の発声としては、これで十分です。

また、「乾杯!」ではなく、「おめでとうございます!」という乾杯の発声をすることもあります。

その場合は、「乾杯の音頭をとらせていただきます。『おめでとうございます』でご唱和ください。○○家〜」と、間に説明を加えるとお客様にも分かりやすく親切です。

実際の場面では、宴の内容、参加者、場に応じて進めてください。

スピーチの形式

結婚式の披露宴で、スピーチの時間があります。

乾杯挨拶のように、スピーチはとくに形式は決まっていませんが、次のことに気をつけたらいいです。

・スピーチの時間は、長くてもだいたい2〜3分に収める
・新郎新婦の異性関係や話して欲しくないことは話さない
・参加者が和めるようなほのぼのした話題
・新郎新婦と自分だけが知っている、ちょっと秘密めいた話題も入れると、場が和みます

ということを考えてスピーチの内容を決めておけばいいです。

特に大勢の人たちの前の出ると、緊張してアタマが真っ白になり、自分の言っていることが分からなくなることもありますので、スピーチを頼まれたときから事前に準備しておくと安心です。

ただ、事前に準備したものを読むと、どうしても棒読みになってしまいがちです。

ですから、スピーチは、新郎新婦に話しかけるような語り口がいいでしょう。

スピーチを一番聞きたいのは新郎新婦の2人ですから、いつも接しているような調子で話した方が、2人も喜びます。

友人代表としてのスピーチの場合は、だいたい以下の流れが一般的です。

・披露宴招待への感謝の言葉
・新郎新婦との関係、出逢ったきっかけなど
・新郎新婦の、友人間でのエピソード
・新郎新婦と自分の間柄、共通体験など
・新郎と新婦の出逢いの場面から
・新郎新婦、両家へのお祝いのメッセージ

あくまでも、主役は新郎新婦ですから、2人の喜ぶメッセージを心がけましょう。


乾杯の挨拶といえば

乾杯の挨拶といえば、お祝い事には欠かせない挨拶ですが、やはり、一番先に出てくるのは、結婚式の乾杯挨拶です。

普通は、新郎新婦の親しい関係にある方が乾杯の音頭をとられることが多いです。

結婚式の場合は、ただ単に「乾杯!」という音頭をとるだけでなく、結婚のお祝いのメッセージを沿えることが通例となっています。

新郎新婦の二人に対して、今までの感謝の意味やこれからの繁栄をお祝いする言葉を述べてから、「それでは、ご両家の発展をお祈りいたしまして・・・」という乾杯の挨拶につながっていきます。

結婚式の乾杯挨拶をする機会は、数えるほどですが、前もって例文などに目を通しておくと、当日も落ち着いて話すことができます。

あまり堅苦しくない、親しみのある挨拶が好まれるようです。

また、結婚披露宴の他にも、新装開店披露宴、出産祝い披露宴、出版披露会、新曲披露パーティーなど、披露宴にも乾杯挨拶はつきものです。
結婚式の時と比べると、お祝いのメッセージは短く簡潔にして、「乾杯!」の一言をいうケースが多いです。

披露宴は、主役を祝福する行事ですが、参列者間の親睦を深めるというねらいもありますので、「乾杯挨拶は、短く」が好まれるようです。

乾杯挨拶が終わると、新装開店した店舗の内容や装飾などについてのコメント、出産祝いのときには、赤ちゃんの名前の披露や、成り立ちなども発表して参加者の雰囲気を和ませることが大切です。

出版披露会の場合には、キャンペーンも同時に行われることも多いので、乾杯挨拶は、「カンパイ!」「出版おめでとう!」だけで終わることが多く、その後は著者の講演があったり、サイン会に移行するケースもあります。

新曲披露というのは、プロの音楽家だけでなく、趣味で音楽を親しんでいる仲間が集まって、お祝いの宴を催す場合もあります。

このときにも、乾杯挨拶は手短に済ませ、新曲の演奏や参加者同士のコミュニケーションの時間が設定されることが多いです。

そして、二次会に進んだ場合も、乾杯挨拶をすることがありますが、二次会のときには、さらりとした乾杯挨拶にして、会を進めていくことが大切です。

特に、二次会には特に親しい間柄の方たちが参加しますので、挨拶は短く、お互いのコミュニケーションの時間を多く、というスタイルがいいです。

乾杯挨拶の例文も載せていますので、参考にしてください。