食事を開始するきっかけとして - 乾杯挨拶ならおまかせ 結婚式の二次会も感謝を込めて

食事を開始するきっかけとして

乾杯(かんぱい)とは、代表者の音頭と共に、おもに酒を注いだ杯(グラス)を掲げ、「乾杯」を唱和して周りの人とグラスを当ててから飲む行為。
おもに会食や酒宴の初期に、食事や飲み物に手をつけていない段階で行われる。
食事を開始するきっかけとして行われることが多い。
おもに慶事の場合に行わる。

献杯(けんぱい)とは、弔事の場合に行われる乾杯。

乾杯や献杯は、マナー・しきたりの一種であって、地域によって格段の差があるわけではない。
厳格な手順に沿わないからといって指摘や抗議をされることは少ないが、頻繁に行われる行為なので、その地域のマナーや風習を理解することが必要とされる行為である。

また、神前結婚式での新郎新婦の二人による三々九度など、多数の人間によって行われるものでなくとも、祈りや祝いといった同様の行為を伴う場合、乾杯に分類されるることもある。(なお、厳密に分類する場合は、会食・酒宴によらない場合は別のものとされる。)

乾杯が行われるようになった由来は諸説ある。

中世ヨーロッパにて、酒の席での毒殺が横行していた為、盃をお互いに飲み干すことで毒物が入っていないことを示した。
強い衝撃でお互いの酒をお互いのグラスに飛ばしあい毒が入っていない事を証明しあう。
古代に神や死者のために神酒を飲んだ宗教的儀式が起源らしく、転じてやがて人々の健康や成功を祝福する儀礼に変化した。
古代ギリシャにて、酒の中に宿っている悪魔を追い払うために、悪魔はガラスがぶつかる音が苦手とされていたのでグラスを会わせて音を立てた。
また、現在の様式は日本国内で行われていたものではなく、海外から持ち込まれたものである。

「乾杯」(2007年5月6日 12:09 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』
ここは記事下のフリースペースです