スピーチの形式 - 乾杯挨拶ならおまかせ 結婚式の二次会も感謝を込めて

スピーチの形式

結婚式の披露宴で、スピーチの時間があります。

乾杯挨拶のように、スピーチはとくに形式は決まっていませんが、次のことに気をつけたらいいです。

・スピーチの時間は、長くてもだいたい2〜3分に収める
・新郎新婦の異性関係や話して欲しくないことは話さない
・参加者が和めるようなほのぼのした話題
・新郎新婦と自分だけが知っている、ちょっと秘密めいた話題も入れると、場が和みます

ということを考えてスピーチの内容を決めておけばいいです。

特に大勢の人たちの前の出ると、緊張してアタマが真っ白になり、自分の言っていることが分からなくなることもありますので、スピーチを頼まれたときから事前に準備しておくと安心です。

ただ、事前に準備したものを読むと、どうしても棒読みになってしまいがちです。

ですから、スピーチは、新郎新婦に話しかけるような語り口がいいでしょう。

スピーチを一番聞きたいのは新郎新婦の2人ですから、いつも接しているような調子で話した方が、2人も喜びます。

友人代表としてのスピーチの場合は、だいたい以下の流れが一般的です。

・披露宴招待への感謝の言葉
・新郎新婦との関係、出逢ったきっかけなど
・新郎新婦の、友人間でのエピソード
・新郎新婦と自分の間柄、共通体験など
・新郎と新婦の出逢いの場面から
・新郎新婦、両家へのお祝いのメッセージ

あくまでも、主役は新郎新婦ですから、2人の喜ぶメッセージを心がけましょう。


ここは記事下のフリースペースです