乾杯挨拶ならおまかせ 結婚式の二次会も感謝を込めて

結婚式の披露宴での乾杯のスピーチ

結婚式の披露宴では大抵披露宴の冒頭部分で乾杯があります。
この結婚式の乾杯では、列席者の中の誰かが代表して乾杯の音頭をとります。

結婚式の披露宴で乾杯の音頭をとるのは、一般的には新郎新婦の勤務先の上司や学生時代の恩師、親戚といった目上の方に依頼する事が多く、主賓格かそれと同等のレベルの列席者の人が行うのが基本的なパターンです。

乾杯の音頭をとる際には、一言二言程度のスピーチを始めに付け加えるのが通常です。
この結婚式の披露宴の乾杯の音頭をとるのを依頼する場合、気をつけるのは依頼する人に対し乾杯の音頭である事をきちんと伝えておかなければいけません。

これを伝えておかず、依頼された側が通常のスピーチだと思ってしまうと、3分から5分の間列席者は全員立ってグラスを持ったままそのスピーチを聞かなければいけなくなってしまいます。

列席者は全員が若く健康な人ばかりではありません。
それに中には乾杯の音頭にしては長いスピーチに閉口しグラスを置いてしまう人も出てしまいます。
こういった事にならないようにスピーチの依頼はその目的をきちんと相手に伝えるようにしましょう。

もしも乾杯の音頭をとる人に同時にその場でスピーチもしてもらいたいという場合には、あらかじめその事を司会者に伝え、スピーチしている間は列席者には座って聞いてもらい、音頭をとる時に全員に立ってもらい乾杯するといった流れにするとスムーズにいくと思います。

結婚式の披露宴での乾杯の音頭に付け加えるスピーチは、立ってグラスを持ったまま聞く列席者の事も考え30秒から1分程度でまとめるようにしましょう。

乾杯の儀式

現在、日本国内で行われることが多い乾杯の主な手順は次のとおりです。

なお、地域や集まりの趣旨・構成によって変わることがあるので、前もって打ち合わせをしておくのがいいでしょう。

1.司会の合図や場の雰囲気で開始する。
2.着席している場合には、起立する。
3.卓上のグラスを手に取る(原則としてすべての人が手に取るまで次へ進まない)。
4.代表者が音頭をとる(長い挨拶をしてはいけない)。
5.代表者の「乾杯」の掛け声(“発声”という)のあと、参列者も「乾杯」と唱和する。
6.目の高さぐらいを基準に、グラスを掲げる。
7.同時に、周囲の人とグラスを軽く当て、音を鳴らす(その地方のマナーにもよる)。
8.グラスに口をつけ、中の物を飲む(酒が飲めない場合は、形だけでも行うことが望ましい)。
  可能であれば、飲み干す。
9.グラスを置き、拍手する。

これで乾杯の儀式は終わり、着席したり、食事を始めたり、歓談に移るなど、マナーに則り自由に交流します。

食事を開始するきっかけとして

乾杯(かんぱい)とは、代表者の音頭と共に、おもに酒を注いだ杯(グラス)を掲げ、「乾杯」を唱和して周りの人とグラスを当ててから飲む行為。
おもに会食や酒宴の初期に、食事や飲み物に手をつけていない段階で行われる。
食事を開始するきっかけとして行われることが多い。
おもに慶事の場合に行わる。

献杯(けんぱい)とは、弔事の場合に行われる乾杯。

乾杯や献杯は、マナー・しきたりの一種であって、地域によって格段の差があるわけではない。
厳格な手順に沿わないからといって指摘や抗議をされることは少ないが、頻繁に行われる行為なので、その地域のマナーや風習を理解することが必要とされる行為である。

また、神前結婚式での新郎新婦の二人による三々九度など、多数の人間によって行われるものでなくとも、祈りや祝いといった同様の行為を伴う場合、乾杯に分類されるることもある。(なお、厳密に分類する場合は、会食・酒宴によらない場合は別のものとされる。)

乾杯が行われるようになった由来は諸説ある。

中世ヨーロッパにて、酒の席での毒殺が横行していた為、盃をお互いに飲み干すことで毒物が入っていないことを示した。
強い衝撃でお互いの酒をお互いのグラスに飛ばしあい毒が入っていない事を証明しあう。
古代に神や死者のために神酒を飲んだ宗教的儀式が起源らしく、転じてやがて人々の健康や成功を祝福する儀礼に変化した。
古代ギリシャにて、酒の中に宿っている悪魔を追い払うために、悪魔はガラスがぶつかる音が苦手とされていたのでグラスを会わせて音を立てた。
また、現在の様式は日本国内で行われていたものではなく、海外から持ち込まれたものである。

「乾杯」(2007年5月6日 12:09 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』